スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

【あらすじ】第伍話 レイ、心の向こうに

一之瀬アレンです。

あらすじを書いていると、当然作品自体を観なおしたりします。
そんな時、記憶にはなかった細かいけれど素晴らしい描写を発見したりして。
こういうのもブログを書いていればこそだなぁと思ったりするものです。

それでは、第伍話。
ファーストチルドレン、綾波レイ。
第三使徒戦でその姿を目にして以来、シンジは彼女と言葉を交わす事はなかった。

教室ではしばしば窓から外を眺め、誰にも心を開く様子のないレイ。
シンジは彼女が何故自分よりも父・ゲンドウに近い距離にいるのか不思議に感じていた。

そんな折、ネルフの新しいIDカードを届けるため、シンジはレイの部屋に行く機会を得た。
レイの気配がしないため部屋を物色するシンジは、机の上に父のものらしき眼鏡を発見する。
その時、浴室に居たレイが戻り、取っ組み合いになる二人。
結果、シンジは一矢纏わぬレイの上に倒れこんでしまう。

弁明するシンジに目もくれず、レイはゲンドウの眼鏡を大切そうに仕舞い、部屋を出た。

会話もままならぬままネルフ本部へ向かうレイと追うシンジ。
施設の入り口でようやくIDカードを手渡した。

階下へ向かうエスカレータでシンジ再びレイに話しかける。
だが、父・ゲンドウを信頼できないと言った瞬間、レイの平手が強くシンジの頬を打つー

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

EVANGELION LINKS

プロフィール

一ノ瀬アレン

Author:一ノ瀬アレン
ようこそ。エヴァもヱヴァもEVAも全部大好きな筆者がいろいろ情報発信します。
よろしくお願いします。
新世紀エヴァンゲリオンに始まり、ヱヴァンゲリヲン新劇場版まで青春を捧げ続ける人へ送る。キャラクターから伏線考察から最新情報まで。

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。